千葉の香りの教室&香りの図書室 マロウズハウス おうちサロンから香りの教室になり10年。今年から香りの図書室でアロマクラフトやアロマコスメが体験できるようになりました。

「オガール」は「大きくなる」と同じ意味

a0191183_207450.jpg

2連泊はオガールin
今年の7月末よりオープンしたばかりのホテル
そして
このオガールという名前
「くっちゃん おがったなぁ」と
子どものころよく言われてた青森の言葉と近い
岩手の言葉
「おがる」=大きくなるのと同じ意味と
ガールという駅を意味するフランス語からとのこと
ということで
深い意味があることが分かったので
いろいろ駅周辺にあるこの町の由来について探してみました

このオガール紫波プロジェクトは
駅にはいったところにいろいろ書いてあります

「開発テーマ」
1. 農村(田園)と都市(街)が共生するまち
紫波の農作物や農村の良さに触れることができ、
そして都市機能が集積された、
使いやすく人が集うまちを目指しています。
2. 若者、高齢者、すべての人が希望を持ち、安心して暮らせるまち
住環境が充実し、そして多様な雇用が生まれ、
若者が学び・働き・挑戦できる環境が充実したまちを目指しています。
3. 人にも地球にも「やさしい」まち
環境への配慮を実践し、
そしてすべての人にやさしい街を目指しています。
4. 優れたデザインの採用
目に見えるデザインは基より、
ライフスタイルのデザインを大事にします。

そんな町の夢が形になったのが
この紫波町
調べていくといろいろなドラマの土台があって
形になったのが見えてきます
http://www.huffingtonpost.jp/2014/09/10/shiwa_n_5795002.html

旅の一つは
その土地の由来を知ることです
歴史的な部分も楽しいけど
新しい旅の楽しみ方に
その町の人の気持ちや
その気持ちに寄り添った周りの人たちの姿を知るのも
あり!だと感じます

ということで この場所にいるだけで
幸せな気持ち
建物自体が とてもシンプルでスマートな形をしている上に
岩手の木の香りが一杯
a0191183_2072236.jpg

a0191183_207867.jpg


オガールスペースにあるカフェ
シュガーズカフェの窓には大きなリース
そして 暖炉
a0191183_2072825.jpg

a0191183_2073513.jpg


ぐるっとまわった紫波中央駅から
盛岡へ雪の散策に出かけます
a0191183_207414.jpg


http://ogal-base.com/ogalbase/
トラックバックURL : https://airycare.exblog.jp/tb/20463853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by airycare | 2014-12-03 23:16 | 日々 | Trackback | Comments(0)